読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

ナカゴー『キンダガートン・コップ』

○2015年10月25日(日)

ナカゴー『キンダガートン・コップ』@アートシアター上野小劇場

【出演】
 篠原正明[ナカゴー]:キンブル(最初、サングラス)
 井神沙恵 :ジョイス(金髪)
 岩崎緑  :ザックの母(アメ)
 萱怜子  :ドミニク(金髪。ジョイスの息子)
 岸茉莉  :校長(腰曲がってる):
 香西佳耶[トリコロールケーキ]:ザック(いじめられっこ)
 佐藤幸子[mizhen]:太っちょ
 田島ゆみか:エマ(オーバーオール)
 田中愛美 :デカめ
 土田有未 :シンディ(冒頭に登場)
 鳥原弓里江[トリコロールケーキ] :下ネタ
 はしいくみ[ECHOES/ブルドッキングヘッドロック]:オハラ刑事(キンブルの相棒)
 松竹史桜 :ナイーブ(チケット)
 イガリタケユキ:上司、ザックの父(アメ)
 野上篤史 :ダニー(冒頭)、ローエル(ニヒリスト)
 米山剛  :クリスプ(黒髪。長い)

ロス警察の凄腕刑事が幼稚園の先生になりすまして大活躍する映画『キンダガートン・コップ』を元に、一人の孤独な男と子供たちの心の交流を描きます。ぜひ。(HPより)

何を書けば良いのか悩む程相変わらずのグロあり、絶叫あり、いつもより直接的なエロもあり
期待通りの酷いナカゴーで面白かった!

ナカゴーにしては珍しく?大人数とのことでどうなるのかな?とは思っていたが
キャラ付がはっきりしていて大人数で何か豪華な感じもした(笑)


元ネタの映画は知らなくて、どうせ忠実にやるわけじゃなく予想外の展開になるんだろうと
思ったから大体のあらすじは調べてみた程度で観劇。

冒頭、映画のタイトルを言った後にサブタイトル「人間とカマキリ」(こんな感じだったと思う。)
といきなり発表されて、やっぱり何かあるんだなとワクワクした(笑)
(カマキリが乗り移って篠原さんと戦うのか?カマキリの人形みたいのが出てきて戦うのかな?と
軽く思ってみたけど、まさか町全体がカマキリの地底人社会だったとは!やはり予想外(笑)

最後のカマキリ達に愛とは何かを教える篠原さんと井神さんのS○Xシーンは感動したね(笑)

観てから結構時間空いちゃったので、覚えてない所とか間違っている箇所あるかもしれないが
個人的に面白かった点は

○開演前に舞台上で代わる代わる人が入れ替わりながらシーンの練習を行っていたのだが
土田さんの「ダニー!ダニー!」って異常なしつこさの練習があったんだけど
まさか序盤であっさりそのシーンがきて終わってしまうのが面白かった。
(そんなに練習する所かよっ!って心の中で突っ込んでしまった)

○イガリさんの異質な感じ。上手く説明出来ないんだけど、この人がしゃべると芝居の空気が
止まってしまう感じが面白かった。

○井神さん、何度か拝見したことがあったのだがクールな感じの役しか観たことなかったので
キスしたり、最後のS○Xシーンでの絶叫などイメージに無い芝居で新鮮だったのと
体張ってて良かった。

○岩崎緑さん、こちらも何度も拝見したことある方で個人的に好きな役者さんだったのだが
初めナカゴーに出演されるって聞いてナカゴーの岩崎さんがまったくイメージ出来なかった(笑)
(あまりコメディとかに出ていた印象も無かったので)
やっぱり不思議な雰囲気で面白かったな。
(分かってやってんだかよく分からない雰囲気も面白かったな)

○途中ベネディクトが出て来て面白かった。(ベネディクト大好きなんで)

○松竹さんのチケットの下り。
(ナイスストーカーで拝見したことあったが、印象が結構変わった。)

○岸さんのまさかの老婆役。

トリコロールケーキのお二方も面白かったな。

取り急ぎこんな感じ。

期待通り面白くて満足した内容だった。

次回作も楽しみだな。