読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

ナイスストーカー 『神様の言うとおり2〜夏の夜の夢の超特急〜』

観劇日記

○2015年8月2日(日)

リアルタイム・ストーリー分岐演劇
『神様の言うとおり2〜夏の夜の夢の超特急〜』@シアター風姿花伝

出演

帯金ゆかり、本田留美、小杉美香(チャリT企画)、藤田彩子、杉村こずえ、藤本紗也香、山本光、レオナ、松竹史桜、秋月愛(後半4ステージのみ)、イグロヒデアキ、木内コギト(\かむがふ/)、神宮寺雄介

※リアルタイム・ストーリー分岐演劇とは
NICE STALKERの『神様の言うとおり』シリーズは、上演中に【リアルタイムで行われる観客の電子投票】で【ストーリー分岐】していく 【マルチエンディング展開】の舞台公演です。観客は【自分の携帯電話】を使って【選択肢】を選びます。登場人物が人生の分岐点に立たされたとき、観客席に座っている皆様には【神様】になって、進むべき道を示していただきます。上演中、皆様の携帯電話から電子投票で行っていただく【多数決】の結果は、リアルタイムでステージ上のディスプレイに集計され、それによってくだされる【神様】の決定に逆らうことはできません。(HPより)

ということで、ざっくり言うとゲームみたいに物語の途中で選択肢が発生して観客(神様)が
ケイタイで選択肢を選んで、多い方に展開していくという流れ。

こちらは、以前β版の公演を拝見していたのだが、その時にはちょっと否定的だったのだが
本公演はとても良く考えられていて凄く面白かった!!

β版を観た印象としては、やっぱり選択が発生する度に物語が止まってしまうので
集中しずらいし、選択するという行為自体の必要性があまり感じなかった。といった様な意見だった。

観る前にトゥルーエンドが出ず、バットエンドしか出ていないって情報だったんで
どうなるかと思っていたが、自分が観た回だけトゥルーエンドが出て良かった(笑)

最後の選択の際にどちらの恋を実らせるのかといった問題が出るのだが
物語を観ているとどちらとも言えないよなと思う展開。

最後に役者の方からヒントみたいなことが出て「沈黙も答え」という台詞が出た際に
これはやられたと思った。

選択式にしておいて、最後は投票せずというのが答えだったなんて。
これなら、選択式にした意味がある。イトウさんは頭良いな。


どうやらそれまでの選択でヒントの台詞が変わる様なので、別のヒントは知らないのだが
自分が観た回に限っては、それ以外でもとても分かりやすいヒントが多く、自分も含めて皆さん
すぐに分かった雰囲気だった。
そういった意味でも最後の選択の前までの必要意味もあるし、本当によく考えられていると思う。

最後の選択の瞬間は、それまでよりとても長く感じた。
だけど、誰かが投票してしまった瞬間、あ〜あといった会場の雰囲気になった。
自分もやっぱりダメかぁ〜と諦めてしまったが、他の方が気転をきかせてまさか50-50の同票に
もっていくとは恐れ入った。
自分は完全に諦めてしまいその方法が思いつかなかった。

本当の意味ではないけど、文字通り観客皆が協力してトゥルーエンドに持って行けたのは良かったな。

話し的にも面白かった。

β版同様、イグロさんと藤本さんの掛け合いがとても面白い。
β版とは違う方だったが、山本光さんもとても良かった。
(トゥルーエンドが出て終演後の挨拶の際に涙されていた姿が微笑ましかった。)
役者の方はすべての選択肢の稽古をされているから、やっぱり稽古したものは観客に見せたいよね。
こっち側としては、どっちに転んでも楽しめる感覚なんだけど、あの涙を観た時は
結果的に1回だったけど、トゥールエンドが出て本当に良かったな。

前回公演を拝見した時にも思ったけど、本田瑠美さんが印象に残り、とても好き(笑)

秋月さんは役者辞められてしまう様で残念だが、今回もとても可愛らしかった(笑)

そんなこんなで、観る前はちょっと選択式ってどうなのかなって懸念があったけど
とても良く考えられていたし、話し的にも面白かったので、とても満足!

イトウさんは凄い人だと思ってしまった(笑)

12月の公演もとても楽しみだな!

1点だけ、β版を観た際に本公演500円引きのチケットをもらっていたのだが
前売りには適用されないとのことで残念だった。
チケット発売の際にその旨のコメントを見落としていたのかな。。