読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

アガリスクエンターテイメント十周年記念興行・第21回公演 『ナイゲン(全国版)』

○2015年11月14日(土)

アガリスクエンターテイメント十周年記念興行・第21回公演
『ナイゲン(全国版)』@新宿FACE

【出演】

淺越岳人
塩原俊之
鹿島ゆきこ
沈ゆうこ(以上アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
金原並央
甲田守
さいとう篤史
津和野諒
古屋敷悠(MU/ECHOES)
細井寿代
原久美子(コメディユニット磯川家)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

“自主自律”を旨とし、かつては生徒による自治を誇っていたが、今やそんな伝統も失われつつある普通の県立高校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…(HPより)


個人的に大好きなアガリスクエンターテイメントの鉄板作品の全国版
自分は、2013年版、試演会(にしすがも)しか知らないが、劇団でやる「ナイゲン」は
最後ってことなので、これは見逃すわけにはいかない!ってことで観劇。

何度も再演してブラッシュアップされてるだけあって完成度が高く
ただただ面白かったとしか言えない(笑)

劇団さんは関係ないんだけど、千秋楽の回は遅れてくる人が多く結構気になったな(笑)
難しい問題だけど、S席とか指定の席でも遅れてきた人は後ろの席とかに案内とかして
欲しかったかな。

あの会場であの笑いの量は凄かった。
ただ個人的ベストのナイゲンはにしすがもの試演会(自分はラストの回を観劇)になるかな。

実際の教室でやったというのも大きいんだけど、お客さんも20人位(だったかな?)で
今回より全然少ないんだけど、笑いの体感的には物凄くて本当に教室が揺れるって感覚だった(笑)

何度見ても笑えるってのは完成された脚本ってことだし、皆さん言われているが
今後、色んな劇団で公演されて後世に引き継がれていくんだろうなってレベルだと思う。
(ただ他の劇団でやってもアガリスクを超えるのは至難の業だと思うが) 

2013版→試演会→FACEと将来観たことを自慢出来ることになるだろうな。

本当に観れて幸せだった。

沈さんのツッコミ(やっぱりギリギリじゃねぇか!の方が好き笑)、古屋敷さんの気持ち悪さ(笑)、
斉藤さんの文字通りの熱演(笑)、「キレろ、キレろ」って台詞好き。
さいとうさんのキレ芸の激しさ、鹿島さんの軽〜い返事とかも好き。
津和野さんも前回のを観てる人は淺越さんのイメージが強烈にある中、苦労されたと思うが
ネチネチ追い詰める姿好きだったな。
という様にあげて言ったらキリがない程、皆さん面白かった。

ラストの塩原さんと淺越さんのシーンは試演会でも良かったんだけど、本当のオーラスは
本当にジーンと来てしまった。

言いたいことまだまだあるし、上手く言えないんだけど

とにかくたくさん笑って幸せでしたってことを言いたい。

素晴らしい作品を作ってくれた脚本・演出の富坂さんを始め一緒に作っていった役者の方々、
スタッフの方々、ありがとうございました。

また新しい屁理屈シチュエーションコメディに期待!!