読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

立教大学松田正隆クラス卒業制作「聖女」

○2015年11月15日(日)

2015年度松田正隆クラス卒業制作第五弾
『聖女』
作・演出:葭本未織
原案:三島由紀夫『聖女』
11/13(金)18:30
11/14(土)・15(日)16:45
立教大学新座キャンパス6号館2階ロフト1
上演時間は二時間の予定です。
出演:
森部みのり/石渡愛/和田夏恋/櫻井りか/森川美咲/篠原ほなみ/粟野志保/野中知樹/伊東諒祐/葭本未織
照明:樋口奈津樹
音響: 村田由夏
振付:鹿島田織惠


立教大学の卒業制作公演なるものを観劇。
学生演劇はほとんど観たことが無いのだが(学生演劇だから観ないってわけじゃなくて
いつ、どこで、どういった公演がやっているのか情報が無いので観る機会が無い)
今回は、葭本未織さんという俳優さんが脚本をやられるとのことで興味があって観劇。

この葭本さんという方は、面識はないに等しいのでTwitterとかブログとかの印象でしかないのだが考え方とか文章とかが、ちゃんとしてて何か自分は好き。
何回か舞台の方を観劇させて頂いたことがある。

可愛らしいのにザビエルが好きとか結構オタクなのかな?とかイマイチよく分からない魅力がある(笑)


三島由紀夫の「聖女」が原案とのことで、自分は本を読むのは好きな方だが
古典というか昔の作家さんのは、それこそ中学とかの授業で読んでる程度の知識で
三島由紀夫も読んだ記憶がほとんどない。

たまたま古本屋で「聖女」が載っている本が安かったので、観る前に情報として読んでおこう
と思い購入して読んでみた。

「聖女」って題名+葭本さんのイメージで勝手に結構明るい話しなんかなと思ってたが
真逆の内容で心が苦しくなる世界観の話しで驚いたけど引き込まれる話しだった。

本当に観る前に読んでおいて良かった。
情報無しで観てたら、心構えが出来てなくビックリしてたはず(笑)
(原案の聖女の台詞も結構入ってて読んでおいて本当に良かった)


ここからは素人ながら感じた感想。

内容としては、「聖女」と実際にあった事件を時間軸や設定等を上手くアレンジしていたと
思ったし、そこに現代のリアルな要素、葛藤、承認欲求、叶わない恋(初恋とも言えるのかな?)
とか色々な要素を上乗せした内容で、結構盛りだくさんな要素だったと思う。
あのアイドルは葭本さんの趣味なんだろうけど(笑)

正直、自分の好きなジャンルでは無いし、普段集中力が持たなくなる2時間超えの長編
であったのだが、普通に飽きずに観られたし、引き込まれた。
色々な要素や場面転換、照明(照明特にラストシーンとかキレイだったな。)とかで
飽きない様に構成されていたので、普通に良い作品なんだと思う。
(卒業制作とのことで無料だったが、この内容で無料なら結構な作品が無料になると
自分は感じたし、お金取っても文句言われない内容だと感じた。)


「いつでも出られるのに」って台詞はタイミングとか自分にはバッチリで
結構、ズシンときてとても印象的な台詞だった。

脚本とか芝居したこと無いまったくの素人なので、実際の苦労とか悩みってのは実際には理解
出来ないけど、想像しただけで大変だと思うので、軽々しく言えないがまた脚本書かれた際は
是非、観てみたいと思う。
(素人ながら脚本の才能あるんだなと感じて、ビックリした。)

役者の方々もこのクラスは身体表現って言ってるので演劇とかのクラスでは無い??んだろうけど
皆さんとても良かった。

いつもながら、上手く感想とか書けず支離滅裂だが
(こうゆう感想書いてると自分はまったく脚本とか物語とか書けないって分かる笑)

とりあえず皆さんに本当にお疲れ様でしたって言いたいね。

とても良かった。