読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

ストーリテラー「底ん処をよろしく」

○2015年10月25日(日)

ストーリーテラー「底ん処をよろしく」@高田馬場ラビネスト

【出演】
A・仙崎情、A・三浦明日香、A・林里容、A・戸島尚美、A・有村優太、A・コハル、A・櫻井遼太、A・金田一彩歌、A・玉川龍星、A・梅森友紘、B・鈴木達夫、B・有田佳名子、B・中川むっく、B・結城えり子、B・みつる、B・迅、B・株田裕介、B・山粼かおり、B・川部大樹、B・土谷智洋

「親父がここを始めた時、集まってくる客は、空襲で焼け出された家族、職の無い帰還兵、腹を空かした戦災孤児だった。店もボロボロのバラック建てだったが、客だってその日の宿も無いような連中ばっかりだったんだ。だから親父は、どん底の底って意味で、この店の名前を “底ん処” ってつけたんだ」  高い食材は使えなくても、工夫次第で味は幾らでも良くしてみせる、それが、先代がこの店に残した大衆食堂の心意気だった。父親のそんな教えを胸に、がむしゃらに働いてきた隆三だったが、気がつけば隆三自身、人生の黄昏を迎えようとしていた。
近隣の工場の閉鎖と共に、かつての賑わいは消えてしまった街。そんな小さな街で、わずかな数の常連客を相手に、細々と商売を続ける“底ん処”に訪れる、切なくも優しい奇跡の物語…。(HPより)


初見の劇団さん。自分はAチームを観劇。

昭和漂う人情劇で良かった。

なんか優しい気持ちになった。

お父さん役の仙崎さんと弁護士の有村さんの掛け合いが良かったな。
最後は本当に親子みたいな関係に見えた。

あと三浦さんと林さんが印象に残った。

何か悪い人が出てこない温かい物語だった。

有村さんは、MacGuffinsで拝見している時と違って、落ち着いた芝居でとても良かった。

ただ劇とは関係ないのだが、客席が異様にせまく本当に一度座ったら身動き取れない状態に
なったのはキツかった。(ここまでのは初めて)

しかもその状態で2時間位だから、観終わった瞬間は終わった〜と思ってしまったのも事実で
それはちょっと残念だった。
(話しは良かったんだけど、あの状態でもう一回観たいかと言われると。。。と思う。)

まぁ小さい劇場だし、来た人には何とか見せたいとかお金のことととか色々あるのは
分かってるんだけど、最近一旦席についたらもう出れない位の狭さとか通路にまで客席作る劇団
が結構あるけど何かあった時に大変だし、それだけで芝居に集中出来ないとかあるから、
ただ観る側から言わせてもらうと人が出入り出来る位のスペースは確保して欲しい。

あとパイプ椅子をぎちぎちに隣合わせにするのも出来ればやめて欲しいんだよな。
(自分が大きいのもあるけど、隣の人と腕が当たったりして凄く気を使ってしまう。)

せっかく良い芝居でも集中出来ない環境だと、もったいないと感じる。
(色々な都合があるのは分かるんだけど、正直な気持ち)