読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

ワワフラミンゴ「野ばら」(男性バージョン)

観劇日記

○2015年9月26日(土)

ワワフラミンゴ「野ばら」@下北書店B&B

[男性バージョン]
小野正彦(岡崎藝術座)、田辺純、細谷貴宏(ばけもの)、柳沢茂樹、横手慎太郎(シンクロ少女)

[ゲスト] 名児耶ゆり ※両バージョン出演

こちらは男性バージョン。

基本的に女性だけの演劇で、男性が出ても1人(多分)とかそういう感じだから
今回は男性バージョンがあるってことで、ワワフラミンゴの感じが出るのか多少不安があった。
(個人的に好きな横手さんが出るってだけで観たい)

確かにワワフラミンゴだった(笑)

女性バージョンと違ってる所とか結構あって、女性バージョンとの連続での観劇だったけど
とても楽しめた。

歌と名児耶さんのシーンは男性バージョンの方が好きだったな。

横手さんはワワフラの雰囲気にあってて良かったな。

というか皆さん良かった。

女性バージョンのアフタートークで死後くんも言っていたが、男女で笑うポイントが違うのが不思議。
同じ台詞でも全然違うんだなっと感じた。

男女の違いで言えば、個人的には

女性:夢を見てる非現実感のファンタジー、実際に存在していない陳腐に言えば妖精みたいな感じで
   人間関係の繋がりが薄い感じで、極端にいって心がない感じ。
   女性特有の柔らかさがあるので、何気ない変な台詞でクスっと笑ってしまう。

男性:実在している人間のファンタジー。実在している人間だから人間関係の繋がりが強い。
   なので、何気ない台詞も普通の会話に聞こえやすい。
   人間関係の繋がりが強いので、ツッコミみたいな感じのが笑える。

説明しようとしたが、やはり上手く出来なかった(笑)

結論としては、男性バージョンもやっぱり好きでした(笑)