読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

劇団野の上「東京アレルギー」

観劇日記

2015年8月16日(日)

劇団野の上「東京アレルギー」@こまばアゴラ

出演

赤刎千久子、斉藤祐一(文学座)、中田麦平(シンクロ少女)、仲坪由紀子、成田沙織、堀夏子(青年団)、松本哲也(小松台東)、山田百次、山村崇子(青年団)、和田華子


観音林まりあは、おのぼりさん。
東京での生活にいつまで経っても慣れない上に、いつも鼻がムズムズ、喉もイガイガ。
「私、東京にアレルギーなんだ」
騙されてもほだされても友達のKちゃんとZちゃんに励まされ、
彼女は今日もマスクにメガネのフル装備で、街に立つ(HPより)


名前は聞いたことがあったが、初見の劇団。

津軽弁の芝居というのと、先日拝見してかなり面白かった同じく宮崎弁で芝居した小松台東の松本さん
が出演されるとのことで興味が沸き観劇。

とても面白かった。

前述の通り、津軽弁(全部が津軽弁ではないんだろうけど)で展開されるので、意味が分からない箇所
が結構あるのだが、なぜか面白い。
前後の文脈とかでこんなことを言ってるんだろうなとか何となくは分かるのだが、やっぱり分からない
ことが多かった(笑)

劇中のキャバクラシーンは本当に面白くかなり笑えた。

主宰の山田百次さん、松本哲也さん、中田麦平さんのお三方がとても面白かったし良かった。

後半はがらっと変わり結局、主人公が希望ではなく絶望へ落ちていく流れでせつなかった。

ただ後半は正直ちょっと長かった気がする。
絶望へ向かうのは良いと思うし、そういった展開なので盛り上がらないってのも分かるのだが
その分、もう少しコンパクトにして欲しかったな。

とりあえず面白かったので、次回作も観てみたいし、今度の小松台東の舞台もぜひ観てみたくなった。

個人的に方言の芝居が好きみたい(笑)