読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑演劇好きの主に観劇感想日記(たまにレイソル、ニューカッスル等)

備忘録をかねた笑演劇好きの主に個人的な趣味の演劇観劇日記 あとたまにサッカー等(レイソル、ニューカッスル) *誹謗中傷は無い様に気をつけますが、学が無い為、不適切な内容やマズイ内容ありましたらご指摘下さい。 *ネタバレあります。

ブルドッキングヘッドロック「1995」

観劇日記

○2015年8月1日(土)
 2015年8月2日(日)

ブルドッキングヘッドロック結成15周年記念公演 vol.26
「1995」@スズナ

出演

永井幸子 相楽樹

葛堂里奈 鳴海由莉 二見香帆
西山宏幸 篠原トオル 寺井義貴
猪爪尚紀 津留崎夏子 深澤千有紀
岡山誠 山口かほり 藤原よしこ
はしいくみ 浦嶋建太

山岸門人(劇団鹿殺し
嶋村太一(親族代表)
岡田あがさ


名前はよく聞いたことがある劇団だったが、今回初見。

劇団競泳水着で強烈に印象に残った相楽さん、何度か別劇団で拝見した鳴海さん、葛堂さんが
出演されるとのことで観劇。

2時間半と長丁場の劇で心配だったが面白くて大丈夫だった。
(最前列で、席が広くて足が伸ばせたから良かったのだが、見上げる形で首が痛くなった。)

面白かったんだけど、意味がよく分からなかったというのが印象。

現在(2015年)と20年前(1995年)がメインの時代で時代がいったりきたり、その後の世界にも
行ったりしたり、未来人が出てきたり、目まぐるしくて正直理解しきれない。

そういう意味でこの芝居で何を見せたかったのか理解出来なかった。
(特に終盤、2015年以降のことを駆け足で見せていく当たりからがついていけなかった。

だからと言って、つまらなかったかと言われるとそうでもなく結構楽しかった。


まずは、何と言っても山岸さんが面白かった。
独特な声(なんかフリーザみたいだった笑)と間と表情が良くて終始面白かった!

それと岡田さんが凄かった。
狂気感も凄かったし、この人の登場位から会場が温まっていった感じがした。

あとは、二見香帆さんが印象に残った。
可愛らしいのもあるんだけど、なんか良くてメインのシーンじゃなくても目で追ってしまっていた(笑)
素朴で童ってのがピッタリだった。
花火見ながらポテロング食べてるシーンが一番印象に残ってる(笑)

最後は、やっぱり相楽さん。

やっぱりちょっとひいちゃう程の美しさ(笑)

近くで観れただけでもちょっと満足。

でも芝居もとても良かったと思う。
素人ながら、永井さんと相楽さんの役は難しいだろうなと感じた。
個人的には、娘の時代(陸上部)が特に良かったと感じた。

そういうわけで、良く分からなかった部分があったけど、総合的には満足。